特殊伐採

特殊伐採

特殊伐採とは、周囲に電線や建物などがあり、倒したい木(支障木)を根本から伐倒出来ない場所や、また枝など木の一部を真下に切り落せない場所で、クレーンを使って「吊るし伐り」をしたり、クレーンなど重機が使えない場合は、ロープクライミングの技術を応用して安全に伐り落としたりする伐採方法です。
個人の住居のお庭や、神社やお寺の大木など、山林など以外の街中でも作業します。

E2リバイブでは、訓練を重ね高度な伐採技術を持つ人材がおりますので、狭いところの樹木の伐採から、片付け・処分まで一環して対応します。

この動画の現場は、支障木の側に電線があり、根本から伐り倒すことが出来ないことから、技術者が木に登り、クレーンで支障木を吊るしながら伐採する「吊るし伐り」した例です。

  • お問い合わせはこちら
  • 特殊伐採に関する資料PDFダウンロード
  • E2リバイブFacebook
  • 木つぶちゃんの日記
  • E2リバイブ株式会社 ヤフーショッピング店
  • バイオマス熱電併給株式会社
  • 株式会社西組

このページのTOP